iPhone画面割れなら専門家に見てもらおう

スマホ

目的別に使い分けよう

スマホケース

iPhone7のケースはそれぞれ特徴があるため、とりあえず装着しておけば良い、というものではありません。大まかに分類すると、ハードケース、手帳型、タフケースの3つがあり、目的に応じて最適なものを選択することが大切です。

iPhoneを守ろう

修理

画面が割れることも

世界中でiPhoneを使っている人がいます。ただ、意外と画面が割れやすいので気を付けて操作しましょう。四六時中、操作をしていると落としてしまうこともあり、画面にひびが入る人がとても多いです。そのまま放置してしまう人もいます。iPhone画面割れしたら、放置しないで早めに修理しましょう。操作しにくいだけではなく、小さな破片が奥に入っていき、故障の原因になることもあります。自分でiPhone画面割れの修理をする人もいます。通販などで必要なものをそろえられるため、そういう人もいますが、あまりお勧めできません。業者に頼んだほうが安全です。街中でもかなりiPhone画面割れに対応しているお店が増えました。画面が割れたら、すぐにでも修理店へ持って行ってください。複数の修理店がある場合は費用やどれくらいの期間で修理が完了するかを考えてから決めましょう。実は、iPhone画面割れは直営店にお願いすると時間がかかります。しかも、内部に異常部品があった場合は本体を交換するので、データが消えることもあります。画面が割れているだけなら、街中の修理店に出したほうが修理が早い上に、データも残ります。しかも、リーズナブルな価格で修理してもらえるでしょう。修理する人が増えていることもあって、修理店の数が増え、価格競争も行われているので、あまりお金がかからなくなりました。iPhone画面割れ修理をした後は、保護フィルムなどで画面を保護して割れにくくしておきましょう。

商品の種類数はとても多い

ケース

iPhone6sを思わぬ衝撃等による故障から保護するためにケースを装備することが必要です。量販店にいけば多数のケースが陳列されていますが、多機能のものを選択すると高額になりやすいため、ケースに対して重視する機能を考慮して購入するといいでしょう。

複数業者へ査定を依頼

スマホ

携帯電話を買い替えする際、使用しなくなった物が不要な場合は自宅で保管を続けるよりも買取に出した方がお金になるのでお得です。携帯買取を行う時は1つではなく、複数の業者へ査定を依頼した方が価格を比較しやすいです。