指輪をアクセサリーとして

ファッションに合わせて

指輪

レディースリングにはさまざまなデザインや素材、フォルムなどがあり、実にバリエーションが豊富です。
それゆえにレディースリングといっても一つのファッションアイテムとして絞るのではなく、その場面に合わせたものをチョイスして使用することで、よりオシャレ度もアップします。
そんなレディースリングですが、指先を飾るファッションアイテムなため、悪目立ちする心配もないので思い切って大胆なデザインなども躊躇なく使用できますし、それでいて普段使いには邪魔にならないようなシンプルなものも、さりげないおしゃれとして取り入れることも可能です。
たとえばエレガントで上品な宝石などを使用したものは、ドレッシーでちょっとしたパーティーなどのフォーマルな場面などに最適であり、デートの際にはスマートでありながら遊び心のある曲線タイプなどの滑らかなデザインなどが女性らしくて相応しく、買い物やレジャーなどのアクティブな時には、スタイリッシュで飾りの少ないタイプなどが良いでしょう。
このように場面に合わせてデザインや素材などを変更することが可能ですが、他にも手持ちのネックレスやブレスレットと合わせて同じカラーのリングを選ぶのもハイセンスですし、チェーンネックレスにリングを通せば素敵なペンダントに様変わりするため、指先のおしゃれ以外にも活用できます。
よってレディースファッションのバリエーションやおしゃれの演出に、リングはとても重宝するアイテムでもあります。

選ぶときの基準

リング

レディースリングは、プレゼントにもおすすめのアクセサリーです。
女性にとって、リングを贈られるということは、婚約と結婚をイメージさせるため、非常に嬉しいものです。
まだそのタイミングでなかったとしても、リングを贈ることで、「あなたを特別に思っています」という気持ちを伝えることができます。
レディースリングを選ぶときは、デザイン、サイズ、素材、宝石の有無や配置などに注意して選ぶ必要があります。
デザインについては好みでよいのですが、注意すべきは立体感です。
立体感があるものはすてきですが、日常生活にはやや不便という特徴があります。
レディースファッションのポイントにもなりますが、いつでもつけていたいものならば、フラットなデザインがおすすめです。
サイズはきちんと合っていないと落としてしまう、かつけられないことがあるので、きちんと測らねばなりません。
真剣な贈り物であるならば、一緒に選ぶか、きちんと測ってから贈るのが重要です。
万が一に備えて直しが無料なショップを選ぶのもよいでしょう。
素材については、レディースものであればプラチナ、ゴールド、ピンクゴールド、シルバーなどが人気です。
長く使うのならばプラチナやゴールドなどの変質しにくい素材がよいですが、気取らない贈り物ならば安価でデザイン豊富なシルバーもよいでしょう。
最近はチタンなどの丈夫な素材も人気があります。
宝石をつけると華やかになり喜ばれますが、立体感にはやはり注意が必要です。

つける場所でも意味が違う

装飾品

ファッションとしてのレディースのリングには様々な種類があります。
通常のリングは指の付け根にはめるのが一般的ですが、指の関節のところでつけるファランジリングという指輪がレディース誌などで取り上げられ話題になっています。
ファランジリングは手の指の第一関節と第二関節の間くらいにつけます。
通常の指輪よりも爪に近い位置であるため、ネイルと合わせてコーディネートしたりたくさん付けて存在感を出したりと手元をより華やかに飾ることができます。
指を長く見せたい場合にもファランジリングは有効です。
特にV字の形をしたものは指や爪を細く長く見せる効果があるので、中指などに付けて手の美しさを強調させることができます。
また、人差し指や中指のファランジリングとして使用した指輪は小指のピンキーリングとしても利用できるため持っているとファッションの幅が広がります。
レディースリングはおまじないとして利用する人も多くいます。
ファランジリングはつける指によっておまじないの効果がそれぞれ違うと言われています。
親指につけると行動力が上がる・困難を乗り越える、人差し指につけると集中力が高まり夢の実現が近づく、中指につけると直感力が冴え恋人ができる、薬指につけると心が安定しインスピレーションが湧く、小指につけると魅力が増す・事故防止のお守りになる、などと言われています。
レディースの指輪の中でもオシャレなファランジリングはプレゼントしても喜ばれます。