iPhone画面割れなら専門家に見てもらおう

男の人

目的別に使い分けよう

スマホケース

それぞれの特徴

iPhone7を使用する上で、ケース選びは非常に重要です。なぜなら、iPhone7をより個性的にしたり、傷や衝撃などから守ると言った意味があるからです。しかし、単にケースを付ければ良い、というわけではなく、目的に応じてそれに適したケースを選ぶ必要があります。それではiPhone7のケースにはどのようなものがあるのでしょうか。大きく4つ挙げることが出来ます。まず1つ目はハードケースです。これは最も一般的なもので、利用者が非常に多いです。iPhone7の側面と背面を覆うことができ、傷や衝撃からiPhone7を守ることが出来ます。プリントが行いやすいため様々なデザインのものが販売されており、個性を出しやすいのが特徴です。またハードケースは比較的薄く、操作性を損なうことがありません。2つ目は手帳型です。これは名前の通り、まるで手帳のようなデザインをしており、フタがついているので側面と背面だけでなく画面も守ることが出来ます。端末を操作する時は手帳を開くようにフタを開くことで操作が行えます。またカードを収納することが出来るので利便性にも優れています。3つ目はタフケースです。衝撃に特化したタイプで、高いところからiPhone7を落としてしまってもしっかりと守ってくれます。しかし、装着するとやや分厚くなる傾向があります。以上をまとめると、操作性を損なうことなくiPhone7を守りたい場合はハードケース、デザイン性を追求したい場合は手帳型、しっかりとiPhone7を守りたいという場合にはタフケースがオススメです。